富士登山が初めてなら登山ガイドと登るツアーを利用した方がいいですよ!

2013年6月22日に富士山が世界遺産に登録されました。

古くから日本人を魅了してきた富士山ですが、世界遺産に登録されたことにより、その魅力はさらにパワーアップしました。

日本人として生まれて来た以上、富士登山は1度経験しておきたいですよね!

ただし、日本一高い山なので、高山病をはじめとした様々なトラブルが起こるかもしれません。

そのため、初めての人は富士山ツアーを利用して登山ガイドと登る人が多いのが現実的です。

サンシャインツアーの登山ガイドと登る富士登山ツアー」なら以下のように国から出発し、登山ガイドと添乗員が付き添うので、初めて人でも安心して富士登山に挑戦できますよ!

  • 北海道(札幌)、東北(青森・秋田・山形)
  • 関東(新宿・横浜・柏・津田沼・西船橋)
  • 東海(愛知・岐阜・三重・静岡)
  • 北陸(富山・石川)
  • 関西(大阪・兵庫・京都・和歌山・滋賀)
  • 山陽山陰(姫路・岡山・広島・鳥取・山口)
  • 四国(香川・徳島・愛媛・高知)
  • 九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)

富士山の山開きと富士登山のベストシーズンはいつか?

富士山の山開きは7月1日〜8月末、ベストシーズンは7月末〜8月末

富士山の山開きは毎年7月1日です。そして、8月末までが一般的な富士山の登山時期です。つまり、一般の観光客は富士山は夏しか登れない場所なのです。

旅行会社が富士山ツアーをやるのもこの時期ですし、山小屋が営業するのもこの時期だけです。

そんな富士山ですが、梅雨が終わった7月下旬から8月末がベストシーズンになります。

富士山は天候が変わりやすいので、梅雨が終わってない7月上旬〜中旬は天気が崩れることが多いのです。

日本全土から出発する「サンシャインツアー」も7月末から8月末までの期間限定のツアーになっています。

国内旅行傷害保険が付いているツアーを選ぼう!

国内旅行傷害保険が付いているツアーなら安心!

富士山は真夏でも山頂付近は5度程度しかない真冬の寒さです。

真夏から一気に真冬へと環境が変わるので、自分では予想もしなかった体調不良に襲われることもあり得ます。

また、上に登れば登るほど、天候も変わりやすくなり、風も強くなります。

当然、酸素も地上よりも薄いので、頭痛、めまい、吐き気、食欲不振、手足のむくみなどの症状が出る高山病になる可能性もあります。

高山病に効く薬はなく、対処策としては酸素が多いところまで下山するしかありません。

このように、富士登山は通常では考えられないトラブルに襲われる可能性を秘めたツアーなので、国内旅行傷害保険が付いているツアーを選ぶことをオススメします。

富士山登山で一番人気の「吉田ルート」

吉田ルート

富士山にはいくつかの登山ルートがあるのですが、一番人気なのが山梨県側から登る「吉田ルート」です。

他のルートに比べ傾斜がゆるやかですし、山小屋も多く、医師も常駐しているので、はじめて富士登山をする人にオススメのルートです。

サンシャインツアーの富士登山」は「吉田ルート」だけでなく静岡県側から登る「富士宮ルート」もあります。

登山用品は買うよりレンタルがお得!

富士山に登るとなると、それ相応の格好をする必要がありますし、ストックやヘッドランプなども用意する必要があります。

しかし、これらを全て買っていてはお金が持ちません。また、せっかく買ってもその後あまり使う機会がなかったらお金がもったいないです。

そこで、利口な登山者は富士山ツアーに参加する前に、登山用品一式をレンタルしています。

登山用品のレンタルでオススメなのが「やまどうぐレンタル屋」です。

「富士山フルサポート11点セット」や「富士山まるごと5点セット」が男女用で用意されています。

さらに、「やまどうぐレンタル屋」には以下のような利用者目線にたった特徴があります。

  • きちんとメンテナンスされた商品が届きます。
  • 料金は往復とも送料無料。
  • サイズが合わない場合は再送。
  • 台風などで悪天候のキャンセル、日にち変更は手数料無料。
  • メンテナンスも必要なし。

普段から登山をする習慣がある人は買ったほうがいいと思いますが、今回の富士山ツアーだけならレンタルの方が断然お得です!浮いたお金で次の旅行を楽しみましょうね!

登山用品のレンタルなら「やまどうぐレンタル屋」 »